通勤時間の経済的損失について

Pocket

理人(りひと)です。

今日も皆様一日お疲れさまでした。予報通り蒸し暑い日でしたね。

ところで私、静岡に住んでいるものの毎日東京まで通勤しています。新幹線通勤というやつです。

そもそも東京の生活が嫌になって前職を辞めて田舎に移住したのに、会社の命令でまた東京に戻ってくることに(´;ω;`)。

静岡と東京を毎日4時間近くかけて往復する生活がもうすぐ4年経とうとしています。我ながらよくこんな生活に耐えているものだと感心しますね。

静岡駅と東京駅を新幹線のひかりに乗れば1時間弱ですけど、自宅から静岡駅までのバスとか待ち時間とか全てを含めるとDoor to Doorで片道2時間近くかかります。

これを年間に換算すると、仮に年間250日働くとした場合、4 x 250 = 1,000時間という計算に( ; ゜Д゜)。

この累積通勤時間に私の時給を掛けると私が通勤と同じ時間を使って産み出せたであろう金額を計算することができます。

サラリーマンの平均時給はググれば簡単にヒットします。

ざっくり2500円としましょう。

そうすると、なんと年間250万円稼げる計算になります。

4年間だと4倍ですから、1,000万円に。高級車が2台くらい買えてしまう金額になりますね。

こういうことも考えて勤務場所は本来選ぶべきなのでしょうね(ちなみに東京に異動になる前は通勤は歩きでした)。

でも、残念ながら日本の会社というのは従業員に勤務地を選べる制度はないと言っていいです。古い会社であればあるほどそういう融通は利かなくなります。

私の勤める会社も古い会社です。勤務地の希望は人事面談などで上司に伝えることはできますけど、基本、よほどの事情がない限り、辞令を拒否することなんてできませんね。

私の場合は東京勤務になっても静岡から通勤している理由は持ち家があるからです。新幹線通勤を認めてくれている会社にはある意味感謝すべきかもしれませんね。

そうでないとせっかく建てた家に一日も住むことなく他人に家を貸すことになりますし。

実際、私の周囲にはそういう悲しい運命を辿った方はけっこういます。

世知辛いです。実に会社というのは時に従業員の人生をめちゃくちゃにします。

話を通勤時間に戻します。

私の場合、通勤時間のうち2時間あまりを毎日新幹線で過ごすことになります。すし詰めの満員電車でなくてまだマシです。

私も5年ほど東京にいましたから東京の朝の通勤地獄は見に染みてわかります。思い出すだけで緊張でお腹が痛くなりそうです。

汚い話ですが、私はお腹が弱く、しょっちゅう途中下車をしてはトイレに駆け込んでいました。トイレが全部使用中ということもしょっちゅうあって、死にたくなりました。

新幹線通勤はトイレついてますからその点はありがたいです。

しかし、本質的には経済的な損失が発生している事実は無視できません。

ブログを書くという行為はこの無駄な時間を有効利用するという手段としては、最適なのかもしれません。

ただし、ノートパソコンとか、タブレット端末は必要なので投資は一定必要ですが。ちなみに私はタブレットでこの記事を書いています。

このブログから時給2500円の価値を得ることはもちろん今の段階では不可能だし、無理なんですけどね。

でも、コツコツやっていきますよ。

ブログを書いている時間が私にとっては自分を取り戻すことに繋がっているのですから。

金銭とは別次元の話です。会社のためでないことを純粋に楽しむこと。それが今の私の最大の関心事なのです。

その結果として、何らかの収入が発生することはもちろん素晴らしいことですけど。動機と目的はそこではありません。

自分が書きたい記事をただひたすら書いていく。まずはそういうスタンスでブログを通じて自分に向き合っていきたいと思っています。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする