周囲に流されず定時で帰宅する

Pocket

仕事では課長補佐的なポジションで遊撃手みたいに立ち回っている。6月末からは比較的早く退社できているし、仕事の負荷的には落ち着いて来た。

だが、周り部課を見渡すと相変わらずのブラックな職場だ。長時間残業当たり前である。

そんな職場に人事異動の季節がやって来た。私の担当地域ではないのだが、経験をある程度積んで前線でバリバリやっていたN君が部付きになったのだ。これから異動に向けて研修に入り実務から抜ける事を意味している。

彼が抜けた後の戦力の補充はなし。厳密には人は一人追加されるのだが、今年入社したばかりの新人なのだ。

人を育てないと将来が回らないから、新人が来てくれるのはいいことではある。が、人を育てるにはそれ相応の時間と負荷がかかるのも事実である。

戦力ダウンに加え、新人のお守りもせねばならないとあって、向こう数ヶ月は難しい状況になるかもしれない。

私の担当国ではないから今は外から眺めているだけだが、あまり定時で上がっていると余力があると見なされて余計な仕事が増えるではないかと怖い。

無関係な私に仕事を振って急場をしのいだとしても人が足りないというのが根本にあるわけだから、人を増やすか、増やさないなら効率化を図るしかないのだが。

だが、必死で残業こいてる同僚を前に定時で早々と帰宅する私を見ると彼らはきっと不愉快な気持ちになるだろう。

だが、文句は会社に言えよと思う。私は私の守備範囲において最大限効率よく仕事をこなして定時で帰っているに過ぎないわけだから。

俺がこんだけ残業してるんだからお前も残業しろよ!という怨嗟の声が聞こえて来そうだか、私は無視して帰れる時はさっさと定時で帰ろうと思う。

おわり

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする