飲酒は自分で自分の墓穴を掘る行為だ

Pocket

TOKIOの山口さん書類送検のニュースには驚いた。

報道を聞く限り、彼はアルコール依存症に苦しめられているようだ。

入院していたのもきっとそういう理由だったのだろう。

TOKIOの山口さんといえば好感度高く、アルコールや薬物依存のイメージからは程遠いというか対極にある。

アルコール依存に加え酒乱も混ざっていたのだろうか。酩酊すると性格までは豹変するらしい。

まぁ酒を飲むと性格が変わるってのは職場にも必ずいるし、それほど珍しい話ではないのだが、これに依存症が加わると厄介極まりない。

本人もきっと酒を断つ必要があること、このままではいつか大変なことをやらかしかもしらないことを自覚していたに違いない。

だが、依存症を克服するのはとても難しいのが現実なんだろう。

アルコール依存症への世間の目は冷たい。報道を眺めていても自己責任という言葉も目立つ。

この一件はアイドルのような人間でも依存症になるってことを、そして一度依存症になると身を滅ぼしてもやめられないことを教えてくれてる。つまり、酒を飲むものなら誰でも陥る可能性のある人生の落とし穴だと言える。

そう、飲酒は人生の落とし穴。飲酒するってのは自分で自分の墓穴を掘る行為に等しい。

そんなことを思った。

おわり

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする