不運を招き入れる性格

Pocket

人間生きているといろんなことが起こるものだ。

想像もしていなかったような悲劇に襲われることも時として我が身に降りかかる。私なんかがいい例だと思う。

まぁ悲劇といっても大小様々だし、受取り手によってその程度は異なるものだ。同じ悲しい事件に遭っても楽天主義者と悲観主義者では捉え方が異なる。

何が言いたいかというと、悲劇というのは往々にして悲観主義者に訪れるということ。もちろんこれは私の経験によるものであり科学的な根拠などないに等しい。

そりゃそうだ。同じ事柄が悲劇かどうかは本人の受け取り方による。

私の職場にSくんという同僚がいるのだが、彼の言動を見るにつけそれを強く思う。

彼のあだ名はミスターネガティブだ。常に物事を否定的にしか捉えない性格の持ち主である。しまいには周囲から下げチン野郎などと陰口を叩かれる始末である。兎に角悲観主義時なのだ。

そして悪いことにネガティブな負の言葉を実際口に出すものだからネガティブな思考を周りに伝染させるのだ。彼がいると指揮が落ちるのは間違いない。管理者は大変だと思う。

どうも彼は不幸を呼び込む性質があるように思えてならない。つまり「持ってる人」なのだ。ある種の不幸を招き入れる運命を持っている人間だと思う。

それを示すかのように彼が行く先々では色んなトラブルに巻き込まれるらしい。例えば彼が出張に出ると電車が人身事故で止まるとか、彼が担当する地域で売上が暴落するとか、重大クレームが発生するとかそんな類の不幸だ。

まぁ半分冗談だが、これ以上不幸を呼び込みたくないので私はなるべくネガティブな発言は控えるようにしている。

おわり

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする