2週間ほど酒をやめてみた結果

Pocket

今のところ断酒(禁酒)はなんとか継続している。

中秋の名月にあたる10月4日からスタートして、今日で13日目ということになる。明日で2週間。

備忘録として体や精神に起こった変化を記録しておきたいと思う。

まず、体重。

劇的には痩せない。せいぜい500gくらいだろうか。少し痩せたかなと気づく程度の痩せ具合といっていい。

鏡で髭を剃っている時にふと顎の下にたぶついていた贅肉が少し薄くなっているのに気づく。顔の輪郭がはっきりしてきた。腹回りの贅肉も少し落ちた。ベルトの穴がひとつ進んだ。

嫁さんに「俺って少し痩せたかなぁ?」と聞いてみたら返ってきた反応は「痩せたよ」だって。

うし!!

次に食事。

断酒してから食生活自体はそれほど変えていない。いや、むしろ朝食はしっかり取るようになった。

酒を飲んだ翌朝は朝はたいてい食欲がなく、果物とヨーグルトしか食べていなかったが、やはり昼前には腹が減っていた。

酒を止めてから体が栄養を欲しているのだろうか、しっかりご飯を取るようになった。新米の季節だから余計に米が美味しい。生卵と醤油をご飯にかけて食べたり、納豆に生卵をぶっかけて混ぜたものをご飯の上にかけて食べたりしている。

これがまた旨い。それに朝の忙しい時間でもぱっぱとできてしまう。

昼食。今まで会社の仕出し弁当を食べていた。一食400円くらいとサラリーマンにとってはリーゾナボーな料金だし、いちいち外にでなくてもいいから楽だった。

でも、鶏舎小屋みたいなせっまい自席で周りの社畜どもと一緒に同じ弁当を食べるってのに嫌気がさしてきたし、断酒を契機に弁当持参派に転向することにした。

今日のお弁当はこれ↓


嫁さんは朝早くから私の弁当作りの手伝いをさせられてぶつぶつ言ってるが。嫁さんには感謝しかない。ありがとう。

夕食は炭水化物は極力取らないようにしてきた。でも、たまに食べたくなるんです。ジャンクな焼きそばとかカップ麺とかね。

私は関西育ちですが、関東風のペヤングがけっこう好き。断酒してからも1回食べてます。でも、太らない。むしろ痩せつつある。

朝昼晩と酒を飲んでいた頃よりしっかり食べるようになったのに体重は緩やかに痩せてきている。

いかにアルコールというものがカロリーをもっているのかがわかる。炭水化物を控えたり、ジョギングや筋トレしたりしてもさっぱり効果がなかったのは全ての努力をアルコールが完全にオフセットしていたからだ。

酒の種類はあまり関係ない。焼酎だろうがビールだろうが結局アルコールをどれだけ体内に入れるかが問題だ。

アルコールを体内に入れなくなってわずか2週間で500gも体重が減るというのは驚きだ。私の体が確実に変わり始めている。

1ヶ月で1kg減というペースだから、ダイエットとしてちょうどよいペースなのだと思う。

体が軽くなったらさらに活動的になる気がする。

これから冬に向かって空気はどんどん澄んでくるし、富士山がきれいに見える。山登りやハイキングには最適のシーズンだ。

今年は静岡市の低山を中心にチャレンジしたい山はいくつかある。自分がちょっとした冒険家になった気分を手軽に味わえるのだ。

断酒していると二日酔いで動けないということは起こり得ない。体が楽だと心も軽い。心が軽いと色んなことにチャレンジする気力も沸いてくる。実によいサイクル。これを繰り返していけば自然と体重は落ちるはず。

これからも続けていきたいものだ。

おわり

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする