職場にマイ急須とマイ茶葉を持ち込んでほっこり

Pocket

今週も長い一週間になりそうです。月曜日はたいてい憂鬱なのですが、今日もそんな憂鬱な月曜日かと思いきや、少し行動を変えてみると意外となんとか乗り越えられそう。

というのも、今日からマイ急須と茶葉を家から職場に持参して、飲むようにしたのです。

写真を撮るのを忘れたのでまた後日ツイッターにでもアップしようかと思っています。

マイ急須といっても嫁さんが昔買ったお下がりです。

煎茶はそうですね、100gで700円とかそういったやつです。

最近、日本茶にはまっていて、その美味しさ、奥深さはすごいものがあります。

ペットボトルのお茶が日本茶だと思っている方がいらっしゃれば、それはもったいないことです。是非一度急須でいれた日本茶の世界を体験してみてください。きっと新たな世界が開けることでしょう。

日本茶を美味しくいれるには簡単なコツがあります。それはグツグツ沸いた熱湯を注がないことです。

昔、そんなこと知らずに熱湯を注いで、煮出し時間も多くしてたんですけど、渋味ばかりが多くて見た目も鮮やかな緑色というより茶色のほうじ茶みたいであまり美味しくありませんでした。

なので日本茶って難しいという先入観があったのです。

40にもなって改めて日本茶の美味しいいれかたを勉強して、それを実践してみたところ、まぁ目から鱗というかもっと早く急須を使った日本茶に出会っていればよかっとさえ思ったくらいです。

味だけではありませんね。お茶の香りもこれまた素晴らしい。癒し効果をもっています。お湯を注ぐ前の茶葉自体の香りを是非嗅いでみて下さい。

イライラしそうなとき、何となく気分が乗らない時、濃い日本茶を飲んでみてください。気分は軽くなって、ほっとしますよ。集中力も高まりますし、なんだかやる気もでてきます。不思議です。

お茶には様々な成分が含まれますが、集中力とかやる気にも影響を与えている成分の代表はカフェインですよね。コーヒーだけでなく緑茶にも大量のカフェインが含まれています。

しかし、日本茶(緑茶)とコーヒーではカフェインの効果の出方が異なります。日本茶の方がマイルドな効果なのですね。

それはなぜかというと緑茶には旨味成分であるアミノ酸の一種テアニンが豊富に含まれるからです。テアニンは気分を落ち着かせる効果があり、カフェインの効果をいい意味で打ち消す効果があるのですね。

体質かもしれませんが、コーヒーは私にはきつすぎます。それに利尿作用がきつくて頻繁にトイレにいくことになります。

人によってはコーヒーの方が合うのかもしれませんが、コスパという視点でみてもコーヒーは緑茶にはまったく敵いません。

日本茶はコーヒーに比べてコスパは圧倒的に高いです。

急須で一回5gの茶葉を使うとして、100gで700円の煎茶を使う場合、茶葉のコストはたったの35円です。しかも5gの茶葉で3回いれることができます。1回150mlだとして3倍なので450mlで35円しかかかりません。

コーヒーの場合、コンビニで150mlで100円は最低するので、コスパを比較するとダントツ日本茶が優れていることがおわかりかと思います。

また、煎茶ではなく、粉茶を使えば緑茶のコスパはさらに上がります。粉茶だとだいたい200gで300円くらいなものです。100gだと150円くらいなので5gだと10円にも満たない。激安です。

日本茶の効能は紹介しませんが、ググると色々でてきます。

私は何よりも日本茶の素晴らしい効果はその精神的な癒し効果です。仕事でも精神的な余裕が生まれますし、脳が活性化します。

あくまでも私の場合だということで断っておきますが、是非おすすめしたいですね。緑茶パワーでまだまだサラリーマン続けられそうです(笑)。

おわり

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする