年末年始は愛車とともにひとり旅にでるつもり

Pocket

今年の正月は11連休になる。

毎年嫁さんを連れて京都の実家に帰るようにしていたが、今年は色々思うところがあってそれはやめようと思っている。

嫁さんは自分の実家に帰りたいといっているので、そうさせよう。私はその間人生初のひとり旅を決行しようと密かに計画中だ。

鉄道の旅や空の旅を考えたが、一番自由に小回りがきくのは車の旅だろう。11連休だから日本一周だってできてしまう。

幸いにして私には愛車クラシックミニがいる。2000年にUKで製造された排気量1300ccの1.3iクーパーだ。コージーブルーのかわいい奴だ。

そんな愛車と私にとって今年は災難だった。エアコンがぶっ壊れるし原因不明のアイドリング不調も起こるわで泣かされた。

でも近場に親切で腕のいいミニ専門修理工場を発見し、しっかりメンテしてもらってあるからある程度の長距離走行も大丈夫に違いない(不安だら出発前にオイル交換してもらうついで相談してみよう)。

ただ、もともと町乗り専用と決めて買った車なのででこれから遠出するために装備を充実させたい。

例えばETCはつけないと高速道路を利用しづらい。あとはなくてもなんとかなるが、長い時間コックピットにいても飽きないようにステレオはいいものに買い換えようかとも思っている。

タイヤは雪国に向かうならスタッドレスタイヤとチェーンも必要だが今回は西日本を目指すこととし、雪対策はせずにすむと思う。

まったく自由な旅とはいえ、何かしらのテーマをこれから決めたいと思う。

例えば酒好きの人ならご当地の地酒巡りを中心にプランを組み立てることになるだろう。古城や古戦場巡りもいいかもしれない。自分が一日に走行できる距離を考えながら宿のことも考えないといけない。

学生の頃と違い、金はそこそこあるから、安宿である必要はないが、かといってひとり旅に高級旅館は不釣り合いだ。ご当地料理も食べたい。

ビジネスホテルでは味気ないから民宿を渡り歩くのも悪くない。海沿いに車を走らせ、疲れたら漁港近くの民宿を探し地元で水揚げされた新鮮な魚をいただく。私にはちょうどいいスタイルかもしれない。

キーワードは「民宿」、「地元料理」でいこう。

どこまでいっちゃうかだが、西に向かうなら鹿児島まで行けるかもしれない。帰りはフェリーで神戸や大阪に戻るというのもありだろう。

そんなことを考えていると少し生きるのがワクワクしてきた。

おわり

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする