自称インフルエンサー に贈りたいぴったりな言葉

Pocket

まぁ、自称インフルエンサーだのどうでもいいのだが、騙されて信者になって人生狂わせてしまう若者もいるようなのでちょくちょく批判めいたことをツィートしがちだ。

私ごときが呟いたところで何も起きないのだが、まぁそれは置いておこう。

自らをインフルエンサーと呼ぶこと自体がなんだかなぁという違和感を感じるのだが、結局のところ他人にマウントして銭をかすめとることが彼ら自称インフルエンサーの生業であり、詐欺師に近い印象をもつ。

仮想通貨アフィで荒稼ぎして、多くの人を自己破産という地獄に叩き落とした下衆とか、まったく良識が欠如している。

仮想通貨ブームが去ったら今度はFXを煽り、今は若者に「自分の好きなことで生きていく」とか耳障りのいいことだけ言ってリスクをとれとれ煽っている連中。

若者の心につけいって自分は情報商材とか怪しいものを高額で売り付ける。まるで高齢者をカモにして高額な布団を売り付ける催眠商法じゃないか。

どんだけ人を馬鹿にしてんだよと思う。何がインフルエンサーだよ、詐欺師と変わらない。

今の若者がリスクを取らないなんて馬鹿げた話で、いつの時代もリスクをとって生きてる。

サラリーマンをひどくディスってフリーランスや起業家との対立構造を作り上げているが、そもそもそんな比較はナンセンス。

全ては市場という見えざる手が決めること。それを予言者がごとくサラリーマンはオワコンとか言ってるのを見るたびに「自分の金儲けしか眼中にないさもしい人」と思う。

そう、彼らに贈りたい言葉とは「さもしい」という言葉です。

国語辞典の意味を調べると、「品性が下劣なさま。心根が卑しい。意地汚い」という意味。まさにイケ○ヤ氏とかホリなんとかザエモンなんかぴったりだね。

そういや昔、麻生さんがこんな言葉を使ってマスコミに揚げ足とられてたっけ。

ホリ○モンは自身の著作でサラリーマンみたいなさもしい生き方やめろとか言ってた。

「いやいやサラリーマンのどこがさもしいねん?」

自分はそういうサラリーマンが提供しているサービスを利用して生きているくせによく言うよ。

そっちのやっている無責任な煽り商法自体が「さもしい」行為じゃね。自分の心に手を当ててよく考えてごらんなさいな。恥ずかしくないのか?

しかし、自称インフルエンサーどもはそんなに生活苦しいのだろうか。彼らのモチベーションがどこからやってくるのか全く理解できない。

人を煽って騙してリスクとらせて何か得るものあるのかね。そこまでして金が欲しいのか?良心が痛んだりしないのかな。

私には理解できない連中だし、こんな連中を持ち上げている人も理解できない。

多くの人がこういう薄っぺらい連中のいうことに騙されないことを願うのみである。

おわり

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする