マーケットシェアを死守せよ!

Pocket

理人です。

今日も不毛な時間を会社で過ごしていました。が、きっちり定時で帰りますw。

私の会社では計画が何よりも重視されます。そして計画どおりに売上と利益が到達することがもっとも尊いことのように扱われます。

計画未達はけしからんわけですが、不思議なことに計画超過もけしからんことなのだそうです。

・・・この会社にきて丸9年ですけど、ときおり意味不明だなと思うことがありますね。まぁ、どうでもいいことですけど。

ちょうど今、今期と来期の計画の取りまとめをしており、形として計画書が出来上がってきたので今日そのできたてホヤホヤの計画書の中身を読んでいました。

事業環境の変化とか経営課題とか全需やシェア目標など小さな文字でたくさん書かれているのですが、読んでいるとある言葉が連発されているのに気づきました。

死守、死守、死守

「○○においてマーケットシェアNo.1死守する」・・・こういった表現で使われてます。死守って・・・( ; ゜Д゜)。

ググってみると死守とは

命がけで守ること

だそうです。そのままですけど(笑)。

マーケットシェアを命がけで誰が守るんかい!?(怒)っと突っ込んでしまいました。

怒りというか逆に笑えてきました。誰が命をかけてシェアNo.1を守るというのだろうか?

何気ない言葉に本音が透けて見えるもの

この文章を書いているのは課長級。それを部長級が若干手を加えて修正します。私も課長からの指示で最初のドラフトを書きました。

私なら死守じゃなくてせいぜい堅守するといった表現を使うと思いますけど。

これをわざわざ死守という言葉を使うってのが「?」です。

死ぬ気でやる。つまり精一杯頑張りますよという「やる気」のアピールなのでしょうけど、竹槍でB29を撃退するに近い精神論でしかありませんよね。具体的にどうやって?という視点が欠けてます。

私が経営者ならこんな言葉を連発して計画を達成すると言う課長部長は無能だと見なすと思いますが。本人はよくわかっていないのでしょう。

多分、本人はそこまで真面目に考えずにこの言葉を使っていると思いますが、言葉遣いはその人の本音が透けて見えるので気を付けた方がいいですね。

おわり

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする