ブログが私に生きる気概を与えてくれたのかもしれない

Pocket

理人です。

このブログを始めた理由は何とかして息苦しい今を変えたかったからです。

仕事や会社に支配される人生などまっぴらだという気持ちを抱えつつ、自分に嘘をついて生き続けなければならないことが辛くて辛くてしょうがなかったです。

ONとOFFをしっかり切り替えられる人って素晴らしい。私はそれが下手くそでした。

仕事を休んでも仕事のことが頭から離れないですし、日曜日はサザエさん症候群を発症して気分は陰鬱になります。

時間を忘れて没頭できる趣味もこれとなく、趣味も長続きしたためしがありませんでした。

ブログを書くことで少しずつ変わってきたこと

思いを文字に書き起こすことの効果というのは色々あるものだとその予想外の効果に驚いています。

まず筋トレとジョギングがこんなに続くとは思っていませんでしたし、これらの運動を生活に取り入れることで長年睡眠薬に頼っていたのが薬なしでぐっすり眠れるようになりました。

体が引き締まったり、多少体重が落ちたのは副次的な効果で、私にとっては深い睡眠を薬なしで得られるようになったことがとても助かりました。

深い睡眠が得られると心にも若干余裕がでてきた気がします。以前ほど物事を深刻に捉えなくなりました。

過去の嫌な記憶やネガティブな想いが泡のように現れて心を削り取って消えていくことが多々ありましたが、最近は現れてもすーっと消えていく感じで心を乱されることが減りました。

ブログは強力な自己暗示ツールである

私のブログはいわゆる雑記ブログであり、何かに特化した専門知識を紹介するブログではありません。

ゆるーく自分の書きたいこと、思ったこと(会社の愚痴が殆どですが)を書くブログです。つまり、自己満足のためにやっている要素が強いです。

はっきりいって読者のためになるような記事って中々書けるものではありません。

でも、私はそれでよいと思っています。

なぜなら沢山の読者を集めてPVを増やして広告収入で儲けようというのがブログの目的ではないからです。

自己満足。それでいいのです。

実際、私はブログを始めたおかげで少しだけ生きることが楽しくなりました。心が軽くなりました。それは金を払って得られるものではないのです。

ブログを書くことは強力な自己暗示なんだと思います。言葉にはそういう力宿っているのではないかと思うのです。

例えば会社に行きたくない日でも、「会社に行きたい」と10回文字に起こしてそれを10回唱えればあら不思議会社に行きたくないというネガティブな気持ちがすーっと消えるではありませんか。

科学的に証明されているかは知りませんが、言霊の力。これに近いことがブログを書くことでも得られると私は信じるようになりました。

思考の整理と自己宣言で正のスパイラルに自分をもっていく

記事では時に会社の上司の悪口を書いてストレス発散させつつも、記事にするということは思考を整理することに他なりません。

そうすると欠けていた視点がわかったり、まんざらサラリーマン生活も悪くないと冷静に思える時もあります。

早朝ジョギングもブログでやると宣言した以上はやる。そして継続して続けて自分の体に起こる変化をブログで発信する。

目標を作ってそれをブログで宣言して実行する。そしてそれをブログで報告する。なんというポジティブなサイクルなんでしょう。

私はまだまだやれる!

明日はブログに何を書こうかな・・と想いを巡らせている時、完全にフリーになっている自分がいることに気づいてはっとします。

ブログの記事を考えているこの瞬間、私は完全にフリーなんですよ。完全に社畜ではなくて、人間に戻っている瞬間なんですね。これこそが私が望んでいたことなんです。

私はまだまだやれる。私の人生まだ捨てたもんじゃない、もっともっといろんなことを体験して、人生を楽しんでやる。そういう気概を持たせてくれたのもブログなんです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

おわり

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする