オクシズ探検記(不動の滝)

Pocket

理人です。

昨日は昼御飯をいつものお蕎麦屋さんでいただいて、その後愛車のオールドミニを飛ばして嫁さんとドライブに行くことになりました。

取り合えず方向としては静岡市を北上してオクシズ方面に行くことに。

日本一広い行政区が静岡市葵区

静岡市の中心部は海から比較的近く、平野部になります。人口の大半は平野部に集中しているわけですが、安部川の上流となる市の北部は南アルプスの山々が連なり谷間には温泉があったりします。

川沿いに一時間も車を飛ばせば急峻な山々に囲まれた山間エリアに入ります。

急勾配な斜面にお茶畑が広がっていたり、山頂部分に霧がかかるようななんとも牧歌的な古き良き日本の元風景に出会うことができます。

特産品はお茶、そしてキレイな湧き水が豊富に湧くことからワサビ田も盛んです。

不動の滝に行ってみた

県道27号線を安倍川沿いに北上していくと牛妻地区があります。過去に前を通りすぎることはあったのですが、この近くに滝があることは知りませんでした。

県道から脇に逸れて数分走った所に駐車スペースがあり、そこから歩いて山に入ります。滝までは5分と近いです。

子連れのご夫婦と途中ですれ違いましたが、人はそれほど多くないのかもしれません。

先に進むと杉の人工林が出迎えてくれます。手入れが行き届いているのがわかりますね。枝打ちのちゃんとされているし、光がちゃんと入ってくるので薄暗くなくていいです。

途中の沢ではサワガニと出会えました。

熊出没注意!

この辺りはツキノワグマが出没するそうです。怖い。看板もやたらと多くてびびりました。

不動の滝に到着

マイナスイオンに癒されつつ5分も登ればいよいよ不動の滝に到着です。滝が見えてきましたよ。

けっこう勾配のきつい斜面の上に小さな祠があります。ここを登りきると不動の滝にもっとも接近することができます。

不動の滝です。

森林浴は癒される

キレイな水、澄んだ空気、そして木々と鳥たちの声。森林はいいな。本当に癒される。

でも、これもちゃんと人の手で維持管理しているから保たれている環境なんだと思います。森林を放置するとうっそうと枝が繁ってしまい、太陽光を遮るので薄暗くてとても入っていけないくらい薄気味悪くなります。

林業も担い手不足や外国産の安価な木材との競争で難しい状況と聞きます。

私はいつか林業体験もやってみたいと思っています。

おわり

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする