リクナビからまたプライベートオファーが来たよ

Pocket

ここ最近、リクナビからのプライベートオファーが増えています。

こんなおぢさんに来てほしい会社があるとは、おぢさんはむせび泣きしそうです。

昨日、メールボックスをチェックしていたら一社オファーがありました。

どれどれ…。

な、なんと不祥事の渦中にある東芝の系列会社からでした。

本体は虎の子の半導体を切り離して難局を乗り越えようとしていますが、系列の関連会社は今後どうなるんでしょうね。

一部上場の東芝系列の会社って何社か存在するのですが、どこも株価は健全ですし、東芝とは独立した経営なので、一連の東芝の粉飾決算の影響は殆ど受けていないようです。

むしろ業績は好調で、今回オファーをくれた会社は無借金経営で、ROEもそこそこ高く優良企業ですね。増配につき今の株価はファンダメンタルズ的に割高と言えそうです。

そんな会社が私に何の用?

詳しくオファー内容を読みますと、どうやら私の今の会社での経験を買いたいとのことで、どんな経験かというと「調整役」なんだそうです。

確かに、私は本社異動前、生産調整を担当していた時期がありました。レジュメにもそのようなことをさらりと書いてありました。

でもね、生産調整の仕事ってけっこうキツイんですよ。誰もやりたがらない仕事のひとつがこれなんですね。

私の場合は他の仕事とかけもちで生産調整もやらされてましたから、忙しいってなんの。この頃は残業が多くて大変でした。

その頃、ちょうど東日本大震災が発生した時期と被りまして、生産ラインは大混乱となりましたね。部品が入ってこないのです。いつ入ってくるかもわかりません。

綱渡りで生産を繋いで、顧客への情報開示や納期調整といった対応に追われたのをよく覚えています。

それに現場の製造部のおとっつぁん達もこれまた曲者が多くてストレスがたまります。増産のお願いとか、頭をペコペコ下げてお願いしないといけませんしね。

思い出しただけで身が凍る。二度と生産調整などやりたくないです。

で、給料はいくらもらえるのか…

私の年齢だと750万円くらいはもらえそう。

でも、割りに合わないでしょう。現場のおとっつぁん達から怒られ、顧客からも罵られるようなある意味精神力が試される仕事ですからね。

1000万円積まれても私は今の会社に残ります。ぬくぬくと社畜小屋で過ごすのです。

転職して精神を病むなどというリスクを取りに行く理由は全くありません。

おわり

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする