許すということ

Pocket

最近、明らかに怒りっぽくなった気がする。いや、気がするというのは間違いだ。間違いなく短気になった。

仕事についてもそうだ。ひとつひとつは小さなことなのかもしれないが、いちいち苛つく。つい不機嫌な態度をとってしまう。

周囲は萎縮してしまってやしないだろうか。特にまだ入社2年目の若手の指導も任されているものだから、心配だ。辞めてしまったら困る。

もう少し寛容というかゆったりした気持ちで接することができないだろうかと怒りっぽい自分を責めてしまう時もある。

仕事場でもこんな調子だから、家でも嫁さんにつらくあたってしまう時がある。

許せないのだ。

「俺はこんなに苦労して仕事しているのに、お前は何だ!好き放題家を散らかして何もしていないじゃないか!」

「冷蔵庫の中身を確認してから買えと何度言ったらわかるの?二人暮らしだからこんなに食べきれないでしょ!」

「なぜ掃除機をかけない?なぜモノを棄てない?ゴミで生活スペースがなくなるじゃないか!」

これが私の本音だ。

正直疲れた。もうウンザリだ。

だが、嫁さんはうつ病なんだ。正常ではない。普通の人が出来ることができない。可哀想な人間なんだ。

世の中にはもっと重篤なうつを患っている人もいることだろう。知り合いの嫁さんはそう極性うつを患って、買い物をコントロールできないらしい。

私の嫁さんも見境なく買い物をするが、そう極性という診断ではない。心因性のうつだ。

他人と比べても何の慰めにもならない。

お互いが気持ちよく生活するためにはどうしたらよいものか。ずっと考えている。

で、やっぱり行き着くのは「許すこと」なんだと思う。

だが、私が何もしなければ家はますますカオスになって、将来的にはゴミ屋敷になってしまう。

だから私が代わりにモノを棄てなければならない。

問題はそのゴミを棄てることに対して嫁さんが強い抵抗を示すということ。これが頭がいたい。

私には理解できないが、価値の無さそうなモノに価値を見いだしているようであり、例えばテレビ番組を録画した大量のブルーレイを山積みにしていて棄てることを許さない。

私が棄てようとすると烈火のごとく怒るのだ。

理解不能だ。そんな彼女を許せるのだろうか?

今の私には無理そうだ。私はそんなに人間が出来ていないのだなといつも思い知らされる。怒りのコントロールは難しい。

怒りを抑えながら如何に彼女を説得するか。許すことに加え、忍耐力が求められる。

どうしたら許せるのか?どうしたら寛容性を身に付けられるのだろうか?どうしたら忍耐強くなれるのか?

私が一生背負い続けなければならない課題なのかもしれない。

おわり

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする