給与明細と銀行入出金明細から毎月の収支をエクセルで作ってみてわかったこと

Pocket

理人です。

サラリーマンなら当たり前のことですが、週5日連続で働くことが一般的です。そして土日はお休み。

でも、私のような毎日定時退社するようなサラリーマンでも5日連続で働くとそれなりに疲れます。

できれば週3くらいがちょうどいい。言ってもしょうがないことですが(´;ω;`)

さて、会社依存を脱出するためには、さきだつものが必要ですよね。つまりお金。お金さえあれば、会社からの理不尽な命令があっても、いざとなれば辞めたっていいのです。

精神的にも会社に隷属する必要がなくなりますし、十分な資産を築くというのは経済的にも精神的にも「自立」するためには必要不可欠だと考えます。

会社を辞めたら今まで安定して入っていた収入が途絶えます。でも、出費はそんな簡単に止まりません。

例えば私の場合、住宅ローンが毎月7.5万円、固定資産税も月々にすると約2.0万円、光熱費1.0万円とその他諸々毎月出費は嵩みます。

私は自分の収入と支出のバランスには今まであまりにも無頓着過ぎました。どんぶり勘定で、まあ預金残高がマイナスになっていなければOKと思って細かいことを調べるのを避けてきました。

嫁さんは使うことしか頭にありませんので、家計の管理はできませんし、向いていない。

これではいつまでたっても経済的な自立は達成できませんよね。反省です\(__)。

言い訳のひとつは、家にあったパソコンが古く、処理速度が遅くてイライラしてしまうことにありました。

最近、タブレットにBLT通信のキーボードをつないで、PCの代わりに使っています。

エクセルへの入力も、格段に早くなりましたので、早速過去6ヶ月分の給与明細と銀行口座明細を入力する作業をやりました。

そして1-6月の半期トータルを算出して、収支を出してみたところ、辛うじて30万円ほど黒字でした。

このペースだと年間で60万円ほどしか貯金できない。

私の手取り給与はボーナス含めて650万円くらいですから、年間60万円しか貯蓄できないということは貯蓄率10%にも届かないということです。

この数字は高いか低いかは意見が別れる可能性はあります。ざっとググったところ、以下のグラフのとおり、日本人の貯蓄率は2.2%だそうです。

ともあれ、これだと経済的自立なんていつまでたっても達成不可能です。定年まで会社にしがみついて生きていかねばなりません。

そんな人生はまっぴらごめんです。

なんとかしなければならない。それだけは今日はっきりしました。

サラリーマンが収入を増やすことは簡単にはできませんから、真っ先にやるべきことは無駄な固定費とか出費を抑えるということです。

毎月のカードの明細をもう少し詳しく確認する必要がありそうですね。銀行口座の明細にはカードごとのトータルの引き落とし金額しか出ていませんので。

私の場合、DCカードを業務出張のホテルやタクシーの清算に使ってますから、経費処理の時間差で当月はマイナスということは起こり得ます。

ですから変な出費がないかちゃんと確認せねばなりませんね。

大きい固定費は車なのは明白ですね。車検と重量税等の税金、そしてガソリン代に高速代。静岡で住むには車は不可欠ですけど、夫婦二人で2台もつ必要は本当はないです。

私の場合は趣味として、2台目(クラシックミニ)を持っているので、これは今はまだ手放したくない。

そうなると旅費とかファッションとか食費関係を抑える必要が出てきそう。

もう少し考えてみたいと思います。

おわり

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする