Xデーに備える

Pocket

Xデー。アメリカの北朝鮮先制攻撃、株の大暴落・・・ではなくて、単純に私が会社を辞める日のことをXデーと呼びます。

私は何とかあと10年は今の会社にしがみついて生きていくことを覚悟しつつあります。社畜、社畜と卑下してますが、今の収入が維持できるなら、今の会社に居続けることは決して悪い選択肢ではありません。

でも、今のサラリーマン生活が今後もつつがなく順風に続くかどうかはわからない。

我が社の隠れた不祥事が実はたくさんあって、内部告発によって暴露され、アディーレみたくお上から営業停止を食らうことだって可能性としてゼロではない。そうなれば会社なんてあっとう言う間に傾きます。不祥事でなくても今はグローバルな競争にさらされているし、ずっと売上と利益が伸び続けるかどうかは極めて不透明ではある。

会社の経営が傾く。そして早期退職などの人員整理が行われるという理由で私のXデー(辞表を出して会社を辞めることをここではそう呼ぶことにする)はもっと早まることは十分あり得る。

また、会社の経営悪化以外にも会社を去らなければならなくなるであろう環境変化はあると思う。例えば病気とか事故とか。

働けなくなるほどの病気というのはかなり深刻な病です。例えばガン。ガンの治療のため退職され、その後亡くなるケースもあります。或いは脳梗塞とか心筋梗塞。自宅で急死されて社員に発見されるというケース(単身赴任者)も聞いたことがあります。病気のリスクを考え出したらキリがありませんね。

私も健康にはある程度気を使っているつもりですが、病気になるときはなるものですし、5年後の自分が健康である保障はどこにもないのです。

また、病気や事故以外にも見落としてはいけない環境変化もあります。それは勤務地です。

今私は静岡在住で毎日東京まで通勤しています。まだ静岡からギリギリ通える範囲なのでいいですが、人事異動で遠くに飛ばされたら私は単身赴任か嫁さんを連れて引っ越すかで選択を迫られます。

単身赴任など当たり前に皆やっているし、サラリーマンとして普通のことなんでしょうけど、私には無理です。嫁さんと離ればなれというのは想像できない。毎日毎日誰もいない部屋に帰るなんて何の罰ゲームだよと思います。

私は嫁さんとの時間を犠牲にしてまで今の会社にしがみつくつもりはありません。異動が避けられないとするならば、今の会社は潔く辞めようと思います。そして別の仕事を探したい(もしそうなったらサラリーマンはもういいかなと思う)。

人生の優先順位をキチンと持っておく。これはぶれずに生きるためには重要なことだと思います。私の場合、単身赴任というのはあり得ない選択ということで、会社を去る十分な理由になり得ます。

ひょっとしたらあと10年もサラリーマン続けられないかもしれませんね。

Xデーは明日にでも訪れるかもしれないし、未来はまったく不確実です。そうなったとき、慌てなくてもいいようにしっかり準備をしないといけませんね。

てか、まだ全然備えられてないのが現状なんですが汗💦

はぁ😩結局最後はただの中年おぢさんのボヤキになってしまいました。

おわり

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする