職場の歓送迎会には参加しない

Pocket

職場に新人が入ったというので部をあげた歓迎会が行われるそうだ。私は…もちろん欠席だ。

課の飲み会には極力参加しようと思っているのだけど、部となると正直面倒くさいのだ。人も多いし、おちおちマイペースに酒も飲めない。

業務であまり関係ない人と近い席になったら話がもたない。こういうときにコミュ障はつらい。またワカモノとの話が合うとも思えない。

それに酔うと人格が豹変し、やたらとイッキ飲みを煽ってくる酒癖の悪い輩も混ざっているから危険だ。

そう考えると大人数での飲み会はリスクでしかなく、私のようなオッサンは大人しく家で酒を飲むにつきる。40にもなって苦手なことを自ら進んでやることはあるまい。

それに飲み会は金銭的な負担も痛い。

社畜同士の親睦を深めて業務効率アップするというのなら、飼い主である会社が金を出してくれてもよさそうなものだが、もちろん自腹だ。

それも年功序列で部長級は8000円、課長6000円、課長補佐5000円、庶務2000円、主賓0円みたいな感じで会費も年功序列。平等に会費制にすりゃいいと思うが、そうではないところにわが社の昭和のサラリーマン体質を感じる。

一次会だけでなく、その後は二次会、好きな人はは三次会までいく。こうなると翌日は二日酔いで一日潰すことを覚悟しなければならない。体力もキツいが財布もキツイ。帰りのタクシー代まで含めたら1万円じゃきかないだろう。

仕事の接待は仕方がないとして、部の壮行会とか歓迎会は今後も不利益が生じない範囲で極力避けることにする。

私がいようがいまいが誰も気にもとめないと思っているし、実際そうであって欲しい。

おわり

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする