なかなか完全断酒は難しい

Pocket

健康のためにもアルコールを控えねばならないことは重々承知しているもののなかなかヤメられないという方もいると思います。

若い頃は毎日飲んでも内臓も元気ですから回復するのも早いのですが、初老に差し掛かると体のあちこちにガタがきます。

特に沈黙の臓器と言われる肝臓は毎日大量に入ってくるアルコールの処理に追われてヘトヘトになっています。

肝臓のくたびれ具合は血液検査で一発でわかってしまいます。

γGTPの数字は気になるところです。

私もこの間の検査では軽く100を超えていましたから、産業医から呼び出しがかかっています。

「酒は百薬の長」とら言われたりしますが、私のようについつい飲み過ぎる人間にとっては害悪の方が大きい。

ですからアルコールは飲まないに越したことはありません。

私も過去に何度も断酒に挑戦したのですが、最長で1年半の断酒に成功したものの、一度復活したらすぐに毎日飲酒に戻ってしまいました。

最近実践しているのは、完全に酒をヤメてしまうのではなく、まずは平日だけやめようという戦法です。

月曜から木曜の夜は飲まない。代わりに炭酸水にシークワーサーを加えたものを飲むようにしています。

週末にまとめてどか飲みしたら全く意味ないですが、週末になったら飲んでもいいと思うことで平日の飲酒を断つ動機を高めてやるのです。

単純な計算ですが、毎日の純アルコール摂取量が80g(ストロングゼロ500ml缶2本)なら一週間飲み続けたら560gの摂取量となります。これが週末だけ飲酒になると約6割減って240gになります。

これだけでも肝臓への負担はぐっと和らぐはずです。

そして週末飲む量も自然と徐々に減っていけばしめたもの。

酒を控え、食べる量を控え、適度な有酸素運動をやれば必ず体重も落とせるはず。

そう信じて今年は真剣に自分の体を労ってあげたいと思ってます。

おわり

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする